2020.03.10 08:37

遠境近況 高知市出身・中山佳子さん(21)女優

唯一無二の存在に
 1年半前に上京し、小さな芸能事務所に所属して女優をやっています。これといった実績はなくて、レッスンに通いながら、NHK大河ドラマ「いだてん」の町娘とか、ネット配信ドラマの女子高生とか、いろんな役を積み重ねています。

 物心ついた頃から女優になりたかったんです。母によくミュージカルに連れて行ってもらい、ピアノコンクールでは舞台に立ちました。何かを表現する人を見て、自分が人前に立つことも多かった。だから、この道に進むことになったのかな。

 今年上映予定の「おかあさんの被爆ピアノ」という映画に出演します。ヒロインの親友役で長いせりふもあります。喜びを感じていますが、逆に周囲の評価を受けることになる。「自分が試される」ことへのプレッシャーがすごく大きいです。

 撮影現場では天才肌の役者さんと多く出会えるので、その人の魅力や思考を観察し、自分自身の人間力を磨いています。私は美人でもないし、才能にあふれているわけでもない。でも平凡な私だからこそできる表現があると思っています。憧れの女優はいません。「中山佳子」という、唯一無二の存在になることが目標です。 (聞き手=谷川剛章)

 中山佳子(なかやま・かこ) 高須小、青柳中、清和女子高卒。2018年から芸能事務所「スタークコーポレーション」に所属。東京都在住。

カテゴリー: 社会高知中央

ページトップへ