2020.03.09 08:36

「うっかりしていた」 本山町長2017年以降収支報告提出せず

細川博司後援会の解散に伴って県選挙管理委員会に提出された2015~17年分の収支報告書。いずれも収支はゼロになっている(画像は一部加工しています)
細川博司後援会の解散に伴って県選挙管理委員会に提出された2015~17年分の収支報告書。いずれも収支はゼロになっている(画像は一部加工しています)
町議時代も
 高知県長岡郡本山町の細川博司町長(63)の後援会が、政治資金規正法で定められた収支報告書を提出していなかったことが8日までに分かった。後援会代表は細川氏自身が務めており、町議時代にも未提出があった。細川氏は「出さないといけない認識はあったが、うっかりしていた。政治を行う者として深く反省している」としている。
 
 細川氏は2013年3月末に本山町役場を退職し、2013年11月の本山町議補選で初当選(無投票)。2期目途中の2017年9月に辞職、2017年11月の町長選で初当選した。現在1期目。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済嶺北

ページトップへ