2020.03.07 08:43

スポーツの力で元気に 高知U監督が岡﨑市長訪問

岡﨑誠也市長=左=に高知Uの新しいユニホームを手渡す西村昭宏監督(高知市役所)
岡﨑誠也市長=左=に高知Uの新しいユニホームを手渡す西村昭宏監督(高知市役所)
 サッカーの高知ユナイテッドSC(高知U)は6日、高知市役所に岡﨑誠也市長を訪問。「新型コロナウイルスで大変な時ですが、スポーツの力で高知を元気にできるように頑張ります」と抱負を述べた。

 今年から県勢で初めてJFL(日本フットボールリーグ)に挑む高知U。北は青森県から南は宮崎県までの全国15チームと、ホームアンドアウェーで30試合を戦う。

 訪問したのは西村昭宏GM兼任監督、宮地貴嗣オーナー、武政重和社長。武政社長が、新型コロナの影響で第1、2節が延期になり、29日のヴェルスパ大分戦(大分市、昭和電工サッカー・ラグビー場)が初戦になったことを説明すると、岡﨑市長は「早く収束するといいですが…」と案じた。

 西村監督は「昨年、JFLに昇格を達成したうちの18人の選手が残ってくれた。また、今年から新加入の浜口草太は、高知出身の選手です」とチームを紹介。岡﨑市長は「浜口選手は(高知では)どこのチームでやっていたんですか?」などと質問し、今後の活躍にエールを送っていた。(井上真一)

関連記事

もっと見る

ページトップへ