2020.03.05 08:37

高知県内で新たに4人感染 芸西小の男児も 全員軽症

 高知県と高知市は4日、県内で新たに4人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。いずれも既に公表されている患者の同僚や親族で、うち1人は安芸郡芸西村の芸西小学校に通う10歳未満の男児。それぞれ濃厚接触者としてウイルス検査を行い、明らかになった。県内の感染者は計7人になった。

▶芸西小クラスメイト検査へ 男児はほぼ症状なし 1例目看護師の同僚14人は陰性(3/6 8:37記事公開)
 
 高知新聞社では新型コロナウイルスに関して「ご意見窓口」のLINE公式アカウントを開設しました。知ってほしい、困ってます。こんな情勢だから言いづらい…でも言わせて。どんな声でも構いません。QRコードから友達登録して声を寄せてください。
スマホの方はこちらをクリック!
https://line.me/R/ti/p/%40328eyxka


 高知県と高知市、芸西小学校などによると、全員が軽症で、4日から高知医療センターに入院している。
 
 男児は県内感染3例目となった高知市の細木病院職員の親族。2月22日午後2~9時ごろ、母親と一緒に病院職員の家を訪ね、夕食を取るなどして過ごした。県外の親族4人もその場にいた。
 
 男児は2月24日から鼻水の症状が出始めた。25~28日と3月2日は普段通り芸西小学校に登校。3月2日午後に病院職員の感染が分かり、3日は健康観察のため学校を休んだ。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 主要新型コロナウイルス社会社会


ページトップへ