2020.03.03 08:35

高知で3人目の感染者 看護師の友人、大阪訪問前に接触

 高知県と高知市は2日、高知市内の30代の女性病院職員が新型コロナウイルスに感染したことが確認された、と発表した。病院職員は県内初の感染者となった30代女性看護師の友人で、2月14日に30分ほど会話した。県内で感染が広がっていることを受け、高知県は感染者の濃厚接触者を、症状がなくてもウイルス検査を実施する考えを示した。

▶新型コロナウイルス高知県内「市中感染」の恐れ 経路特定できず
▶高知市は小学校開放 授業無し、給食無しで児童預かり
▶高知の日曜市・ひろめ市場に客少なく 店じまい早め「続けば痛手」

 看護師と、その60代の母親も含め県内の感染者は3人目。県と高知市によると、病院職員は高知市大膳町の細木病院に勤務。直接患者に接触しない業務に従事していたという。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 主要新型コロナウイルス社会

ページトップへ