2020.03.02 08:33

バイカオウレンで佐川町の山彩る 「日本一の群生地」目指し

住民らが育てたバイカオウレンの咲き乱れる山を散策する観光客ら(佐川町西山組)
住民らが育てたバイカオウレンの咲き乱れる山を散策する観光客ら(佐川町西山組)
 高知県高岡郡佐川町の西山地区で、住民有志がバイカオウレンの植栽をこつこつと続けている。2月中旬に見学ツアーが行われ、山のあちこちを彩るかれんな花に参加者はうっとり。住民らも地区外の人との出会いを喜び、「日本一の群生地にしたい」と意欲を燃やしている。

 西山地区住民らは30年ほど前から「佐川の宝、牧野富太郎博士にちなみ、地域を植物で盛り上げよう」と、道沿いにケイトウなどを植栽。梅林づくりも進め、収穫祭を開いてきた。四季を彩る草花は評判を呼び、地区内外の交流を生んだ。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 環境・科学高吾北

ページトップへ