2020.02.27 08:40

遺跡発見で安芸統合中学校の開校遅れ 調査で最短1年

 高知県安芸市の新統合中学校の開校時期が、2023年4月から少なくとも1年遅れる見通しであることが分かった。建設予定地から古代の寺院跡とみられる痕跡が複数発見されたため。4月から安芸市は半年から1年間、本格的な発掘調査を行う。2月26日の2020年度当初予算発表に合わせ、横山幾夫市長が明らかにした。

 新中学校は市立安芸中学校と清水ケ丘中学校を統合し、安芸市僧津地区の約4万9千平方メートルに新設する計画。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会安芸

ページトップへ