2020.02.27 08:00

小社会 心愛さん

 寝る前のひととき、にぎやかな父と娘の声が聞こえてきそうな詩だ。県こども詩集「やまもも」の昔の作品を紹介する高知新聞のコーナーにきのう、「お父さん」という詩が載った。

 作者は南国市の女子児童。娘の寝間着をかぶってふざける父親の様子をうまく描写している。〈よっぱらってないのに/よっぱろうたと/いうて/おいかけてくる〉。逃げたが、つかまって降参する。

 お風呂のすぐ後かもしれない。走り回る父親と娘に困りながら、うれしそうに見つめる母親の笑顔も想像する。同じような光景を思い返す人は多いだろう。それぞれの家族に刻まれた大切な記憶だ。

 この詩とのギャップにがくぜんとする。詩の隣の紙面にきのう載っていたのは栗原心愛(みあ)さんの裁判員裁判の記事。父親の暴力を訴えながら亡くなった心愛さんの手紙は先日の小欄でも触れた。裁判で次々と明らかになる「叫び」には心が凍る。

 きつい運動を父親から強いられて「ママ、助けて」。泣きじゃくりながら繰り返す動画が携帯電話に残っていた。「家族」に入りたいと望む心愛さんに父親は「無理」といって土下座させる。どんな気持ちで家族という言葉を口にしたのだろう。

 虐待事件のたびに児童相談所や学校などの連携不足が課題となる。今回も例外ではない。その反省に加えて、地域の一人一人も小さなSOSへの感度を高めたい。紙面でいつも笑顔の心愛さんを思い出しながら。


2月27日のこよみ。
旧暦の2月4日に当たります。かのえ ね 七赤 大安。
日の出は6時38分、日の入りは18時00分。
月の出は8時40分、月の入りは21時09分、月齢は3.5です。
潮は中潮で、干潮は高知港標準で1時50分、潮位16センチと、14時06分、潮位36センチです。
満潮は8時07分、潮位157センチと、20時05分、潮位154センチです。

2月28日のこよみ。
旧暦の2月5日に当たります。かのと うし 八白 赤口。
日の出は6時37分、日の入りは18時01分。
月の出は9時08分、月の入りは22時03分、月齢は4.5です。
潮は中潮で、干潮は高知港標準で2時15分、潮位27センチと、14時39分、潮位36センチです。
満潮は8時29分、潮位154センチと、20時41分、潮位145センチです。

カテゴリー: 小社会コラム


ページトップへ