2020.02.26 08:36

ネット中傷で人権救済の要請 下田川の小2男児水死巡り

 2019年8月、高知市仁井田の下田川で南国市内の小学2年の男児が水死した事案を巡り、発生当時一緒にいた児童4人の保護者(2世帯)が2月25日、インターネット上の書き込みによりプライバシー侵害と精神的苦痛を受けているとして、高知地方法務局に人権救済を申し立てた。

 申立書は、事案発生後の匿名の書き込みにより、4人とその家族の個人情報が拡散された上、「殺人者」「殺人家族」などと中傷されていると主張。法務局に対し、サイト管理者への書き込み削除要請▽発信者を特定し面談で直接指導▽発信者が公務員の場合は関係機関に情報提供し措置を要請▽悪質な書き込みは刑事告発―などを求めている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会香長


ページトップへ