2020.02.26 08:33

居場所ない少女を気に掛けて 支援団体の仁藤さん高知市で訴え

「大人たちが自分事として考え、行動してほしい」と話す仁藤夢乃さん(高知市本町5丁目の高知会館)
「大人たちが自分事として考え、行動してほしい」と話す仁藤夢乃さん(高知市本町5丁目の高知会館)
 東京を拠点に活動する女子高校生サポートセンター「Colabo(コラボ)」代表理事の仁藤夢乃(ゆめの)さんの講演会が高知市内であり、虐待や貧困などさまざまな事情で行き場を失った少女らが性的搾取や暴力にさらされている実態を語った。「大人の問題なのに子どもの非行問題と捉えられている。気になる子がいたら、『気に掛けてるよ』とメッセージを発してほしい」と訴えた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会高知中央


ページトップへ