2020.02.23 08:39

「土佐のおきゃく」中止、コロナ拡大受け 開催検討行事も 

大勢でにぎわった「土佐のおきゃく2019」の初日(昨年3月、高知市の中央公園)
大勢でにぎわった「土佐のおきゃく2019」の初日(昨年3月、高知市の中央公園)
 新型コロナウイルスの感染が国内でも広がっていることを受け、高知市中心街を宴会場に見立てて土佐の酒文化を楽しむ恒例イベント「土佐の『おきゃく』2020」が中止されることになった。実行委員会が22日、ホームページで発表した。一方で、大小40余りのイベントのうち「条件によっては実施可能と考えられる内容もある」とし、具体的な情報は今後、提供するとしている。

 「おきゃく」は2006年に始まり、春の人気行事として定着。昨年は約7万4千人が来場し、経済効果は8億4700万円(四銀地域経済研究所調べ)とされる。今年も3月7~15日に予定され、中央公園やアーケード街が宴会場になる目玉イベント「日本一の大おきゃく 放浪記」(14、15日)などが企画されていた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済主要高知中央


ページトップへ