2020.02.18 08:38

高知西バイパスの全開通が半年遅れ いの町鎌田―波川間

再入札でずれ込む
 国土交通省土佐国道事務所は17日、国道33号「高知西バイパス」のうち鎌田―波川間(いずれも吾川郡いの町、1・5キロ)の開通が予定より半年ほど遅れ、2021年秋ごろになる、との見通しを発表した。

 高知西バイパスは高知市鴨部―いの町波川の計9・8キロ。これまでに鴨部―鎌田の8・3キロが開通しており、残る鎌田―波川は2020年度中に開通予定だった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済高知中央高吾北

ページトップへ