2020.02.15 08:32

高知県がマグロ種苗事業停止 水産振興策の柱...需要なく予算化見送り

 高知県は、2014年度から県内官民が共同で取り組んできたクロマグロの人工種苗の生産・育成事業を20年度から停止する。養殖業の現場では生存率などに優れた天然種苗が優先採用され、人工種苗は需要がないため。県が水産振興策の柱の一つに掲げていたプロジェクトは6年間で中断する形となった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済


ページトップへ