2020.02.14 08:32

安岡章太郎の生誕100周年展向け 城山高生が伝記漫画を制作

漫画の完成に向けて色を塗る柴田佑陸さん=左=と佐竹伶太さん(香南市の城山高校)
漫画の完成に向けて色を塗る柴田佑陸さん=左=と佐竹伶太さん(香南市の城山高校)
 高知県出身の芥川賞作家、安岡章太郎さんの生誕100周年記念展が、2月22日から香南市香我美町の香我美図書館で始まるのに合わせ、城山高校(赤岡町)の1年生2人が伝記漫画を制作している。生徒は「地元の偉人を知るきっかけになった。多くの人に漫画を見てほしい」と話している。

 城山高校イラストデザイン部の佐竹伶太(りょうた)さん(16)と柴田佑陸(ゆうり)さん(16)。イラストデザイン部はこれまでにも「堺事件」で流罪となった川谷銀太郎(香我美町山北出身)ら古里の先人を漫画や紙芝居動画で紹介してきた。安岡章太郎さんは父が山北出身で、展示企画の一環として香南市教育委員会が城山高校イラストデザイン部に漫画作成を依頼した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 文化・芸能


ページトップへ