2020.02.14 08:36

年齢に応じた口の健康対策を 自民党高知県議団が条例改正案

 自民党高知県議団は20日開会予定の県議会2月定例会に「高知県歯と口の健康づくり条例」の改正案を提出する。議員提案で2010年に制定された現行条例に、乳幼児期から高齢期までの各年齢層に応じた県の基本施策を具体的に盛り込む内容。
 
 高知県歯と口の健康づくり条例は「すべての県民が適切な時期に歯と口の保健サービス、医療などを受けることができる環境整備」を基本理念とし、県や市町村、保健医療関係者らの責務を明記。県の基本計画に基づき、フッ化物利用を軸にした子どもの虫歯予防などが進められている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会医療・健康ニュース

ページトップへ