2020.02.14 08:00

小社会 ノムさん夫妻

 生涯一野球人を貫いた野村克也さんが残した偉大な記録や功績はもう随分、語られている。それは別に譲るとして、印象に残っているのは沙知代夫人に先立たれて急に元気を失った姿だ。

 何かと話題には事欠かず、世間ではさまざまな評もあった国民的な夫婦だった。ノムさんは自著「なにもできない夫が、妻を亡くしたら」で大きな喪失感と孤独感をつづっている。家計の管理から子育て、仕事の交渉まで全て任せ、自身は財布も持たなかった。

 サッチーの口癖は「大丈夫。なんとかなるわよ」だったという。徹底的なプラス思考で、自己中心的な「言うなればピッチャータイプ」。自らは常に最悪の事態を想定するマイナス思考の「疑い屋」。「グラウンドでも家でも私はキャッチャーだった」という洞察は面白い。

 幼いころに父親が戦病死したノムさんは無意識に、自分を叱咤(しった)激励して鼓舞し、引っ張ってくれる強さに父性さえ求めていたという。そんな頼り切っていた相棒を亡くしたとき、「人間は弱いもの。特に男は弱い」。

 仕事に打ち込み、家は妻に任せきりだったシニア世代の男性が独りになった時のもろさはよくいわれる。女性活躍やイクメンが叫ばれ価値観が多様化する時代に、さて男は強くなったかどうか。

 死因まで愛妻と同じ虚血性心不全。ノムさんのように生きたくもあり、そうではいけないとも考える、きょうは愛の日バレンタインデー。


2月14日のこよみ。
旧暦の1月21日に当たります。ひのと ゐ 三碧 先負。
日の出は6時52分、日の入りは17時49分。
月の出は23時28分、月の入りは10時10分、月齢は20.2です。
潮は中潮で、干潮は高知港標準で3時15分、潮位22センチと、15時48分、潮位34センチです。
満潮は9時29分、潮位159センチと、21時57分、潮位140センチです。

2月15日のこよみ。
旧暦の1月22日に当たります。つちのえ ね 四緑 仏滅。
日の出は6時51分、日の入りは17時50分。
月の入りは10時47分、月齢は21.2です。
潮は小潮で、干潮は高知港標準で3時54分、潮位46センチと、16時45分、潮位37センチです。
満潮は10時04分、潮位151センチと、23時07分、潮位124センチです。

カテゴリー: 小社会コラム

ページトップへ