2020.02.11 08:50

吉井怜さん闘病語る がん治療理解へフォーラム 高知市

自身の闘病生活を振り返る吉井怜さん(高知市追手筋2丁目の追手前高芸術ホール)
自身の闘病生活を振り返る吉井怜さん(高知市追手筋2丁目の追手前高芸術ホール)
 がんの闘病や治療法への理解を深めるがんフォーラムが9日、高知市で開かれた。女優の吉井怜さん(37)が白血病の闘病生活を振り返り、「私一人の頑張りではなく、家族や先生方と一緒だったから生きてこられた。元気に過ごせることがどれだけ幸せか忘れずにいたい」と話した。

 吉井さんは14歳でアイドルとしてデビューし、18歳で急性骨髄性白血病を発症した。5カ月間の抗がん剤治療を経て、母から骨髄移植を受けたという。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。




ページトップへ