2020.02.08 14:45

子どものネット依存どう防ぐ 香川の「ゲーム60分」条例案、高知県内にも波紋

友達同士で集まってもスマホ。現代っ子にとっては普通の光景だ(高知市内)
友達同士で集まってもスマホ。現代っ子にとっては普通の光景だ(高知市内)

問われる大人の姿勢
 ゲームは1日60分まで―。そんな基準を盛り込んだ香川県の条例案が物議を醸している。規制はやり過ぎ? 必要? 社会問題化するネット、ゲーム依存にどう向き合えばいいのか。高知県内の中高生や保護者らに聞きながら考えた。

 スマートフォンやインターネットをどれだけ使っているか? 高知市で中高生に聞くと、心配になるような答えが結構あった。「休みの日は8時間以上スマホを触っている」(中2女子)「夜中の4時まで友達とLINE(ライン)をしたことがある」(高3女子)…。これらは決して特別な例ではなく、1日に最低3時間はネットやゲームをしているという子がほとんどだった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会子育て

ページトップへ