2020.02.06 08:29

土佐清水市の新鮮食材を 2/8に初の「魚市」中央町商店街

 土佐清水市の新鮮な魚や農産物を販売する「清水まちの魚市」が8日午前10時~午後3時、同市の中央町商店街で開かれる。

 同商店街振興組合がにぎわいを生もうと初めて企画。地元の立て縄船2隻が当日水揚げ(天候次第)した魚を刺し身などで提供する。購入者の要望に応じ三枚おろしなどの下処理も行う。

 通りにはバーベキューブースも設け、チョウタロウや干物、肉などが楽しめる。農産物や総菜を販売する軽トラ市も並ぶ。

 同振興組合の青年部長、児島祐二さん(52)は「釣れたての魚を安く提供する。ここでしか味わえないものがたくさんあるので、ぜひ足を運んでほしい」とアピールしている。(山崎彩加)

カテゴリー: 社会幡多

ページトップへ