2020.02.03 08:35

ハンドボール全国高校選抜四国予選 土佐高校が28年ぶり選抜

【男子第3代表決定戦 高知中央―土佐】後半16分、土佐・沢田(4)がシュートを決め、20―16とする(春野体育館=久保俊典撮影)
【男子第3代表決定戦 高知中央―土佐】後半16分、土佐・沢田(4)がシュートを決め、20―16とする(春野体育館=久保俊典撮影)
高知県勢対決 中央に逆転25―20
 ハンドボールの全国高校選抜大会四国予選最終日は2日、高知市の春野体育館で行われた。男子の第3代表決定戦は、土佐高校と高知中央高校の高知県勢対決となり、土佐が高知中央に25―20で勝利。28年ぶり2度目の全国大会(3月24~29日・埼玉県ほか)出場権を獲得した。
 
 男子の土佐は各県2位によるリーグ戦を3戦全勝し、1位リーグ1勝2敗で3位の高知中央との第3代表決定戦へ。前半は11―12とリードを許したものの、後半に14―8と逆転した。男子はほかに香川中央、徳島市立、女子は今治東と高松商業が全国大会に出場する。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: スポーツ

ページトップへ