2020.01.30 11:08

ネパールと交流 高知大とゆすはら町【やさしい日本語バージョン】

ネパールと交流(こうりゅう) 高知大(こうちだい)とゆすはら(ちょう)
きっかけはネパールのじしん


高知(こうち)(けん)ゆすはら(ちょう)高知(こうち)大学(だいがく)は2017(ねん)からネパールと交流(こうりゅう)しています。きっかけは2015(ねん)のネパールのじしんです。くずれた(やま)(いし)をいれたかご「じゃかご」で(まも)技術(ぎじゅつ)を、ゆすはら(ちょう)高知(こうち)大学(だいがく)は3(ねん)かけてネパールに(おし)えました。

ネパールのニリカンタ()市長(しちょう)が1(がつ)15、16(にち)にゆすはら(ちょう)にあいさつにきました。

ニリカンタ()市長(しちょう)は「ネパールの(ひと)はとてもよろこんでいます。農業(のうぎょう)(ひと)との交流(こうりゅう)(おこな)いたい」と(はな)しました。

ネパールとの交流(こうりゅう)はこれからもつづきます。

■関連記事
蛇籠施工技術の交流継続 ネパールと梼原町 高知大も新事業

関連記事

もっと見る

カテゴリー: やさしい日本語社会

ページトップへ