2020.01.29 08:37

高知県内で1月豪雨 雨量、風向き、気圧配置など異例尽くし

気圧配置を示す西谷幹生防災管理官。28日午前に大雨を降らせた低気圧は午後3時になっても四国沖にとどまった(28日午後、高知市本町4丁目の高知地方気象台)
気圧配置を示す西谷幹生防災管理官。28日午前に大雨を降らせた低気圧は午後3時になっても四国沖にとどまった(28日午後、高知市本町4丁目の高知地方気象台)
 季節外れの1月に豪雨、なぜ? 27日から28日早朝にかけて高知県を襲った記録的豪雨。室戸市と安芸郡東洋町には1時間に100ミリ超の雨が降った。豪雨の直接的な原因は四国沖に滞留した低気圧だが、雨量の多さや風向き、気圧配置など、異例尽くしの大雨となった。西谷幹生・高知地方気象台防災管理官は「1月にこれほどの大雨が降るとは。自分の記憶にもない」と戸惑いを隠さない。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 環境・科学


ページトップへ