2020.01.25 08:38

極細繊維で肌に優しい「さらふあ」 金星製紙がマスクなど商品化

極細繊維を使った新製品シリーズ「さらふあ」(高知市井口町の金星製紙)
極細繊維を使った新製品シリーズ「さらふあ」(高知市井口町の金星製紙)
独自製法で極細繊維結合 新シリーズ
 不織布製造・加工の金星製紙(高知市井口町、竹之内渉社長)が、極細の繊維を独自製法で配合した高品質マスク、パフなどを開発し、「さらふあ」シリーズとして商品化した。世界最大級の不織布展示会で高評価を得た技術を採用しており、肌に優しい柔らかさやなめらかさが特徴だ。 

 金星製紙は、2018年に都内で開かれた「アジア不織布産業総合展示会(ANEX)」で、極細繊維を活用したシートや、表面の凹凸が特徴の立体不織布などを展示し、新製品が優れていた企業に贈られる「新製品賞」を受賞。これらの独自技術を生かした商品開発に取り組んでいた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済高知中央


ページトップへ