2020.01.24 08:38

地下水で路面が沈下 中村宿毛道路 全面開通に遅れも

最大10センチの沈下がみられた中村宿毛道路の路面(宿毛市平田町中山=中村河川国道事務所提供)
最大10センチの沈下がみられた中村宿毛道路の路面(宿毛市平田町中山=中村河川国道事務所提供)
 2019年度内の開通を予定している高知県の中村宿毛道路の平田インターチェンジ(IC)―宿毛IC間(約7・6キロ)で、地下水が原因とみられる路面沈下が発生していることが23日までに分かった。対策工事が必要で、その進捗(しんちょく)によっては開通が2020年度にずれ込む可能性がある。

 平田IC―宿毛IC区間は中村宿毛道路最後の工事区間。国土交通省中村河川国道事務所によると、昨年11月、区間のほぼ中間地点に当たる平田町中山の施行済み箇所で路面の沈下を確認した。路肩から車道へ1メートル25センチにわたって最大10センチ程度沈下。調査のため掘削したところ、路面から約40~50センチの位置に地下水がたまっていた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済

ページトップへ