2020.01.24 08:36

テラスで雲海を ゆとりすとパークおおとよ「冬キャンプ」提案

「ゆとりすとパークおおとよ」から望む雲海(大豊町中村大王)
「ゆとりすとパークおおとよ」から望む雲海(大豊町中村大王)
 山と山の間を白い“海”が満たす。流れる雲が朝日に輝く景色は、まるで天国―。高知県長岡郡大豊町中村大王の「ゆとりすとパークおおとよ」が雲海を売り出している。

 標高750メートル。コテージやキャンプ場、庭園を備えたゆとりすとパークは、車で訪れることができる手軽な雲海スポットでもある。発生する雲の高さはまちまちで、低い時は川のよう。高い時はまさに海のようになるという。

 昨年末までに施設を大幅リニューアルした。屋外の丘に雲海テラスを設けたほか、コテージに床暖房を整備し、快適な「冬キャンプ」を提案している。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会嶺北

ページトップへ