2020.01.23 14:41

アメリカから移住 国内1位の女性トップサーファー「恩返しを」

サーフィンのトレーニングに励む興梠サラさん(昨年10月、米国のハモサビーチ=興梠さん提供)
サーフィンのトレーニングに励む興梠サラさん(昨年10月、米国のハモサビーチ=興梠さん提供)
米から移住「恩返しを」
海外事業の企画や営業を担当する興梠さん(南国市領石の旭食品)
海外事業の企画や営業を担当する興梠さん(南国市領石の旭食品)
 米国出身で日本の女性トップサーファーの一人、興梠(こうろぎ)サラさん(23)が昨秋から高知市に暮らし、食品卸大手の旭食品(南国市)で働いている。サーフィンを楽しみながらビジネスに挑める環境を求めて移住。出勤前などに高知市近郊の河口や海で波に乗る日々だ。東京五輪日本代表の出場枠を争う女子強化指定選手20人に選ばれており、「大きなチャンス。ベストを尽くす」と意気込んでいる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: スポーツ主要高知中央香長


ページトップへ