2020.01.21 08:46

高知市の保育所でノロウイルス集団感染12人発症 県内今季初

 高知市保健所は20日、高知市内の保育所でノロウイルスによる感染性胃腸炎が発生したと発表した。今冬、県内でノロウイルスの集団感染が確認されたのは初めて。

 高知市保健所によると、17日に園児1人が下痢で、18日にも1人が嘔吐(おうと)でそれぞれ早退。さらに20日には嘔吐、下痢の園児が10人出て、発症者は12人となった。このうち2人からノロウイルスが検出されたという。症状はいずれも軽症で、快方に向かっているという。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会主要医療・健康ニュース

ページトップへ