2020.01.20 08:36

香南市の直販所 「天然色市場」再開目指し管理者を募集

指定管理者を公募している「天然色市場」(香南市吉川町吉原)
指定管理者を公募している「天然色市場」(香南市吉川町吉原)
「毎日営業」管理者を募集
 高知県香南市は、営業を休止している直販所「天然色市場」(吉川町吉原)の2年ぶりの再開を目指し、管理者を公募している。期間は4月からの3年間で、毎日の営業を求めている。
 
 天然色市場は2000年開業。営業は土日限定だったが、鮮魚や新鮮な野菜が安く買えると人気で、ピーク時の2008年度は7882万円を売り上げた。管理運営は長く吉川町観光物産振興協議会が担ってきたが、出品者の高齢化に伴って品数が減り、売り上げも減。2017年度末に吉川町観光物産振興協議会が解散し、市場は閉まった。
 
 香南市は2018年春に指定管理者を公募。3団体が応募したが、契約には至らなかった。
 
 香南市内では、夜須町の「やすらぎ市」や野市町の「くろしおの市」といった直販所があり毎日営業。固定客を取り込んでいるが、鮮魚は少ないという。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済主要香長


ページトップへ