2020.01.19 08:33

ボートの実力 機器で競う 高知市でローイング県大会

マシンを全力でこいでタイムを競う選手たち(写真はいずれも高知工高)
マシンを全力でこいでタイムを競う選手たち(写真はいずれも高知工高)

 ボートの陸上用トレーニング機器を使ってタイムを競う「全国マシンローイングB大会」の高知県大会が18日、高知工高で行われた。同様の大会は全国各地で行われているものの、県内では2019年に初開催。2回目となる今回は県内外から47人の選手が参加した。
 
 県内では高知工高を中心に高校生のボート部員が増えているほか、高知大ではボート部が復活している。さらに競技人口を増やすとともに実力を向上させようと、県ボート協会などが実施した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: スポーツ高知中央


ページトップへ