2020.01.19 08:39

高知Uコーチに吉本(中村中出) 元Jリーガー 「進化に貢献を」

吉本岳史
吉本岳史
 サッカーの高知ユナイテッドSCは18日、四万十市出身の元Jリーガー吉本岳史(41)が、トップチームのコーチに就くと発表した。
 
 吉本は中村中を卒業後、愛媛県の南宇和高に進学。2001年に、福岡大からJ1名古屋に入団した。その後、J2横浜FCを経て、03年にJ2水戸入り。リーグ戦138試合に出場し、05~07年は主将も務めた。08年に横浜FCに戻り、10年3月に現役を引退。Jクラブ通算206試合に出場し、19得点を挙げた。
 
 現役引退後は指導者の道に入り、12年7月から5年半の間、東北リーグのブランデュー弘前で監督。18、19年は、古巣の横浜FCでジュニアユースコーチ兼U―14監督を務めた。
 
 古里からJリーグを目指す高知U入りを決めた吉本。「中学以来となる地元高知県で活動ができることに感謝しています。高知のサッカーを進化させ、地元を盛り上げていきたいと思っています。少しでも早く高知にJリーグのチームが誕生し、愛されるチームとなるよう、精いっぱい、活動していきます」と抱負を述べている。(井上真一)

関連記事

もっと見る

ページトップへ