2020.01.17 14:30

津軽のカマリ

演奏で各地を回りながらも、生涯津軽に身を置いた初代・高橋竹山
演奏で各地を回りながらも、生涯津軽に身を置いた初代・高橋竹山
高橋竹山の音色とは
 カマリとは、津軽弁で匂いなどを表す言葉。盲目だった津軽三味線の巨匠、初代・高橋竹山(ちくざん)(1910~98年)は生前「津軽のカマリがわき出るような音を出したいものだ」と語っていたという。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: シネスポット文化

ページトップへ