2020.01.17 08:15

防災計画を東松島に学ぶ 黒潮町で改訂に向け意見交換

意見発表する宮城県東松島市の斎藤友志防災課長(黒潮町役場)
意見発表する宮城県東松島市の斎藤友志防災課長(黒潮町役場)
 東日本大震災で被災した宮城県東松島市の職員らから教訓を学ぶ意見交換会が16日、高知県幡多郡黒潮町の黒潮町役場で開かれた。南海トラフ地震で犠牲者ゼロを目指す黒潮町は、2020年度中の改訂を目指している初動マニュアルなど防災計画の策定に生かしていく。

 津波対策などへの知見を深めようと2019年8月、大西勝也町長らが東松島市を訪問して連携を確認。今回は東松島市職員ら6人が初めて高知を訪れた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会幡多


ページトップへ