2020.01.15 08:34

四万十市にソウルド社拠点が開所 10人雇用5年後50人目標

本格稼働を始めた「デジタルオペレーションセンター四万十」(四万十市中村大橋通6丁目)
本格稼働を始めた「デジタルオペレーションセンター四万十」(四万十市中村大橋通6丁目)
 中小企業のネット広告などデジタルマーケティング事業を手掛ける「ソウルドアウト」(東京都千代田区)の地方拠点「デジタルオペレーションセンター四万十」の開所式が14日、高知県四万十市中村大橋通6丁目の入居ビルで行われた。地元雇用は10人で始まり、5年後に50人規模を目指すとしている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済幡多

ページトップへ