2020.01.14 19:59

卓球、長崎・木原組が初戦突破 全日本選手権第2日

 女子ダブルスで初戦となる2回戦を突破した長崎(上)、木原組=丸善インテックアリーナ大阪

 卓球の全日本選手権第2日は14日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で行われ、女子ダブルスで昨年のワールドツアー・グランドファイナルを制した長崎美柚、木原美悠組(エリートアカデミー)が初戦の2回戦をストレート勝ちした。

 混合ダブルスは3連覇を狙う森薗政崇(BOBSON)伊藤美誠(スターツ)組、昨年準優勝の張本智和(木下グループ)長崎組がそれぞれ3、4回戦に勝ち、8強入りした。

 ジュニアの部のシングルスは男子で12歳の松島輝空(木下グループ)、女子で昨年4強の木原、張本智の妹で11歳の美和(木下グループ)が3回戦を突破した。張本美は一般の部は1回戦で敗退。
カテゴリー: スポーツ


ページトップへ