2020.01.15 08:35

3/7珊瑚婚を高知城で祝おう 夫婦15組募集

 結婚35周年を祝う「珊瑚(さんご)婚式2020」が3月7日、高知城で行われる。宝石サンゴ産業が集積する高知県で、長い年月をかけて成長するサンゴと夫婦の絆を重ねて節目を祝う。15組の参加夫婦を募集している。

 結婚記念日は25周年の「銀婚式」、50周年の「金婚式」が代表的だが、愛媛県や三重県では特産の真珠にちなんで30周年の「真珠婚式」に取り組んでいる。高知県でも伝統工芸のアピールや観光振興につなげようと、全高知珊瑚協同組合連合会が高知県と共催で2016年から「珊瑚婚式」を行っている。

 対象は、結婚記念日または入籍日が1984(昭和59)年3月4日~85(昭和60)年3月5日の夫婦。夫婦愛で知られる山内一豊と千代にあやかり、高知城本丸御殿でセレモニーを行う。記念品代として参加費1万5千円が必要。夜には交流を深める懇親会も開く(希望者のみ)。

 「珊瑚婚式2020」のサイトから申し込み可。問い合わせは事務局の高知広告センター(088・856・6280)へ。

カテゴリー: 主要社会高知中央


ページトップへ