2020.01.14 08:45

阿佐東線DMV、周辺観光磨き不可欠 「世界初」頼みだけでは…JR北海道は導入断念

DMV用のスロープ設置工事が進む甲浦駅(東洋町河内)
DMV用のスロープ設置工事が進む甲浦駅(東洋町河内)

 2020年度中に阿佐東線(徳島県海陽町―安芸郡東洋町)に、デュアル・モード・ビークル(DMV)が姿を見せる。四国南東部を走ることになる“世界初”への沿線の期待は膨らむ。

■関連記事
阿佐東線DMV 準備着々 活性化の起爆剤!?
 
 DMVの車両は、JR北海道が2000年から開発を進めていた。ローカル線維持のため乗り換えの不便をなくし、コストも抑えるため本格導入を目指した。車両価格は鉄道車両の約6分の1で燃費は約4分の1。07年から試験的に営業運行し課題を探った。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会室戸

ページトップへ