2020.01.14 08:51

阿佐東線DMV、2020年度運行開始へ準備着々 活性化の起爆剤!?

鉄車輪を出したDMV。2020年度内にも営業運行が始まる(2019年10月、東洋町白浜の海の駅「東洋町」)
鉄車輪を出したDMV。2020年度内にも営業運行が始まる(2019年10月、東洋町白浜の海の駅「東洋町」)

 安芸郡東洋町と徳島県海陽町を結ぶ阿佐海岸鉄道・阿佐東線(8・5キロ)に2020年度内に、線路と道路を走る3台の「デュアル・モード・ビークル(DMV)」がデビューする予定だ。昨年末に公表されたルート案では週末などにバスとして室戸岬を回ることが示され、同線の総延長が約50キロに“延伸”する格好だ。地域活性化の期待が高まる中、世界初の本格的な営業運行に向けた現状を探った。

■関連記事
阿佐東線DMV、周辺観光磨き不可欠
 
 DMVはトヨタ製マイクロバスを改造。全長8メートルで、フロントに付く“鼻”の中など、車体の前後に鉄車輪を備える。レールを走る際には鉄車輪が出て、後ろのゴムタイヤの動力でレール上を走る。乗客用に18席あり、定員は運転士と立ち乗りを含め23人。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会主要室戸

ページトップへ