2020.01.11 12:07

インドネシア実習生が黒潮町でサッカー【やさしい日本語バージョン】

インドネシア実習生(じっしゅうせい)黒潮町(くろしおちょう)でサッカー
■関連記事
漁業実習生サッカー交流 黒潮町 インドネシアの53人

高知にはカツオ(りょう)実習生(じっしゅうせい)がインドネシアからたくさん来ています。1月9日、実習生(じっしゅうせい)のサッカー大会(たいかい)幡多郡(はたぐん)黒潮町(くろしおちょう)(ひら)かれ、53人が楽しみました。

黒潮町(くろしおちょう)()む外国人は158人。インドネシア人は99人、多くが実習生(じっしゅうせい)です。12月から2月までカツオ(りょう)が休みのため、町は実習生(じっしゅうせい)のために昨年(さくねん)からサッカー大会をやっています。ムチャマド・ジュニ・アントさんは「サッカーは大好(だいす)き。今日(きょう)は楽しかった」。終了後(しゅうりょうご)はみんなでインドネシア料理(りょうり)SotoAyam(ソト・アヤム)を食べました。

関連記事

もっと見る

カテゴリー: 主要やさしい日本語社会

ページトップへ