2020.01.10 08:46

高知市「くまパン」自己破産へ 負債1.6億円

 高知市でパン店「くまのPAN屋」を経営していた「ブーランジェリ近森」(同市北川添、近森雄文社長)が自己破産申請の準備に入ったことが9日、分かった。帝国データバンク高知支店によると、負債総額は約1億6千万円。

■関連記事
高知市「くまのPAN屋」閉店 取引先ら戸惑い広がる
くまパン不適切会計否定 社長「競合激化で閉店」

 同社は2002年設立。15年に万々商店街から高知市北川添に移転し、スペイン製石窯を導入して「石窯パン工房 くまのPAN屋.」を開店した。18年には帯屋町のアーケード街に、コッペパンのサンドイッチ専門店「帯屋コッペplus」と、直営店「まちくま」を開業。帯屋コッペは昨年10月に増床リニューアルしたばかりだった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済主要高知中央


ページトップへ