2020.01.08 08:18

【今年のイチ押し】芸西村 黒潮フレスコボールクラブ

おそろいのTシャツに身を包む「黒潮フレスコボールクラブ」のメンバー(芸西村の琴ケ浜)
おそろいのTシャツに身を包む「黒潮フレスコボールクラブ」のメンバー(芸西村の琴ケ浜)
ラリーで人と人つなぐ 地域密着で裾野拡大へ
 「ごめーん」「大丈夫、OK」。小気味いい音を響かせながら、浜辺でラリーが続く。羽子板のような木製ラケットでゴムボールを打ち合うビーチスポーツ「フレスコボール」。2019年6月、四国初の公式クラブが安芸郡芸西村の琴ケ浜をホームビーチに発足した。

 フレスコボールはブラジル発祥で、ラリーの回数や技の華麗さなどを競う。相手を気遣いながらプレーすることから「思いやりのスポーツ」とも呼ばれ、人気が広がっている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: スポーツ安芸

ページトップへ