2020.01.06 08:35

高知Uに支援組織 県サッカー協設置へ 試合運営協力

 高知県サッカー協会はこのほど、来季からJFLで戦う高知ユナイテッドSCを支援するための「JFL運営委員会」(仮)を設置することを決めた。ホームゲームの運営や集客面で、高知Uをバックアップする。

 JFLは、全国の16チームがホームアンドアウェーでそれぞれ30試合を戦う。試合が有料になるため、会場によってはスタジアム外からの観戦を防ぐ対策なども必要で、四国リーグに比べて試合運営にかかる労力が増すことが予想されている。

 そんな中、高知県サッカー協会では「JFL、Jリーグのクラブが高知県にできることは、高知のサッカー関係者にとってもプラス」と、支援方法を検討。細部をしっかり話し合える場として委員会の設置を決めた。高知Uのスタッフもメンバーに入り、ボールボーイや駐車場の整理係、チケットのもぎりの役割分担などを話し合うという。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: スポーツ

ページトップへ