2020.01.04 08:45

合格祈願は高知空港で 日本航空が今年も巨大絵馬

 本格的な受験シーズンを前に、今年も高知龍馬空港の日本航空カウンター前に短冊を掛ける巨大絵馬が登場した=写真。合格祈願のほか、就職や資格取得、恋愛成就などを託す短冊も。2月5日までで順次、「学問の神様」菅原道真を祭る太宰府天満宮(福岡県)に奉納する。

 受験生応援絵馬は、福岡線の就航する全国の空港で実施。高知龍馬空港では2011年に始まり、1階のカウンター前に県産ヒノキ製の絵馬(縦約1メートル、横約1・2メートル)を設置している。

 10回目の今回は昨年12月28日から受け付け。「冬休みの宿題が終わりますように」「ベトナムで迷子になりませんように」など風変わりなお願いもある。

 短冊は毎年600~700枚ほど寄せられており、「おかげさまで」とお礼を記したものも増えてきた。同社高知支店のグランドスタッフ、樋口恵理さん(31)は「利用航空会社を問わず、願いを掛けてください」と話している。(横田宰成)

カテゴリー: 香長高知のニュース

ページトップへ