2019.12.31 08:45

仁淀川町によさこいチーム 地域の交流、PR目指す

練習に打ち込む「なないろ」の踊り子ら(仁淀川町の旧名野川小学校)
練習に打ち込む「なないろ」の踊り子ら(仁淀川町の旧名野川小学校)
 よさこい鳴子踊りで地域を盛り上げたいと、吾川郡仁淀川町によさこいチーム「なないろ」が誕生した。地域のイベントなどでの“デビュー”を目指し、踊り子が練習に汗を流している。
 
 「近場で練習できるなら踊りたい」「よさこいは楽しそうやけど、高知市内まではよう見に行かん」。踊り子経験がある町職員の田村沙織さん(37)はそんな町民の声を聞き、「町内の人が気軽に参加できるチームをつくって地域の活性化を」と考えた。それに賛同した有志が今春、町よさこい祭り実行委員会を立ち上げ、チーム設立に動き始めた。
 
 よさこいチームや衣装が人気の服飾雑貨「ほにや」(高知市)に、衣装や楽曲のプロデュースを依頼。町広報で公募したチーム名候補から、桜のピンクや茶の緑、仁淀川の青など色彩あふれる町を象徴する「なないろ」を選んだ。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ