2020.01.01 05:59

海外アスリート高知県内へ 7市町と県が8国のホストタウンに

 この夏、世界中のアスリートが日本に集う東京五輪・パラリンピック。世界的な祭典を契機に、国内各地で海外とのつながりを深めようと、国が進めているのが「ホストタウン」構想だ。参加国、地域と結びついた地方自治体を「ホストタウン」として国に登録。事前合宿などさまざまな交流事業を通じて、アスリートにとどまらず、幅広い人的交流を図っていく。高知県内ではこれまでに、県と7市町が八つの国々とホストタウン登録をした。高知でも「オリ・パラの風」を感じながら、国際的な絆を広げられるチャンスが迫っている。 ...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: スポーツ東京五輪スポーツ

ページトップへ