2019.12.28 08:25

安芸市の観光情報センターが一新 三菱150周年で弥太郎VRに

岩崎弥太郎を紹介する展示が一新される安芸観光情報センター(安芸市矢ノ丸1丁目)
岩崎弥太郎を紹介する展示が一新される安芸観光情報センター(安芸市矢ノ丸1丁目)
来年3月完成
 三菱グループを創業した岩崎弥太郎の出身地、高知県安芸市は来年の三菱グループ創業150周年に合わせ、安芸市矢ノ丸1丁目の安芸観光情報センターをリニューアルする。弥太郎の生涯や功績の紹介を大型スクリーンに映し出すなど、従来の展示を一新し、市内観光の拠点として再生を図る。

 施設は1989年に観光物産センターとしてスタートした。2010年に大河ドラマ「龍馬伝」に合わせた「土佐・龍馬であい博」サテライト会場として再整備。2011年からは観光情報センターとして、弥太郎の紹介パネルの展示や、県東部の観光情報の発信、伊尾木洞の案内、地場産品の販売などを行ってきた。

 安芸市は市内観光を強化しようとリニューアルを計画。約1億1千万円(うち県補助5千万円)で、展示機器導入や内装、看板を新調する。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会安芸

ページトップへ