2019.12.28 08:14

中村で生まれたときから下手くそ(20) 安倍夜郎

【四万十市出身の漫画家・安倍夜郎さんが故郷で過ごした幼少の日々を描いた作品「生まれたときから下手くそ」(全2巻、小学館)。その中から一場面を再録し、安倍さんが新たに書き下ろしたエッセーを添えています。高知新聞朝刊・毎月最終土曜日に掲載。】

(c)安倍夜郎「生まれたときから下手くそ」/小学館ビッグコミックオリジナル
土電のニオイと受験
 毎年一月になると、ニュースで大学入試センター試験の映像が流れます。あれを見ると今だに嫌な気持ちになります。四十年近く前、高三の冬、学生服の上にコートを羽織り、悲壮感を漂わせながら高知大学に共通一次テストを受けに行ったのを思い出すのです。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 文化・芸能安倍夜郎まんが


ページトップへ