2019.12.27 08:45

酔った父の言動に立腹 殺人未遂容疑の女子高生供述 高知東署

 高知東署は26日、父親を包丁で刺したとして、殺人未遂容疑で高知市内の私立高校2年の女子生徒(16)を逮捕した。父親は背中に軽傷を負い、命に別条はない。事件前、父親は酒に酔って生徒の姉とつかみ合いになっていたといい、高知東署は生徒の動機や背景を慎重に調べている。

 調べに対し、生徒は「以前から父の酒に酔った際の振る舞いに腹を立てていた。(当日は)姉を羽交い締めにしたのでとっさにやった。殺すつもりはなかった」と供述しているという。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会主要

ページトップへ