2019.12.26 08:36

はっぴぃ魚ッチ 料理ではしゃぐ釣り師たち

魚信担当のおっさん記者たちが、夜な夜な送り合って喜んでいる「釣り師料理」
魚信担当のおっさん記者たちが、夜な夜な送り合って喜んでいる「釣り師料理」
 あれは、おととしの冬―。魚信担当の一人であるO先輩が、高知沖で3キロちょっとのマハタを釣り上げた。
 
刺し身や煮物だけでなく干物にまで手を出している
刺し身や煮物だけでなく干物にまで手を出している
 意気揚々とクーラーで持ち帰ったO先輩。ただ、先輩も夫人も魚がさばけなかった。夫人はいつものように近くのスーパーへ。有料でおろしてくれるサービスがあるからだ。
 
 「これ、さばいてもらえますか」
 
 「はいはい、いらっしゃいませ。どういたしましょう?」
 
 「サイコロ状にしてください」
 
 「へ? このマハタをサイコロ?」
 
 「ええ。唐揚げにするので」
 
 「ち、ちょっと待って」
 
 目を丸くした店員さん。夫人の要望を「あり得ない」とその場で拒否し、薄造り用と、鍋用の身と粗(あら)に分けてパックしてくれた、という。
 
 このマハタ。高知市の鮮魚店主、池沢秀郎さん(42)によると、「産地や時期にもよるけど、冬のいいものだと店頭で1万5千円以上はする」。ものすごい高級魚なのだ。
 
 スーパーの件をスマホのラインメッセージで知った魚信記者は沸いた。「店員さん、ぐっじょぶ!」「さすが高知のスーパー。こうでなくっちゃ」
 
 O先輩も「うん。俺の思いをビシッと言うてくれたわ。うちは何を釣っても、市販の唐揚げ粉とソースで出てくるき、全部おんなじ味がしてさ…」。
 
 「マハタの鍋。うまいわぁ」
 
 これ以降、魚信記者の誰かが釣りに行った晩は、必ずスマホが鳴るようになった。
 
 「アヤメカサゴを姿造りに~」
 
 「ウルメイワシ、脂あり!」
 
 「イトヨリとレンコダイの干物に挑戦」
 
 「メジロ。寄生虫なし。3日熟成」
 
 調理画像を送り合って、はしゃぐおっさんたち。O先輩もマイ包丁を買って料理を始めたらしく、「さあ、みんなの食レポを!」と迫ってくる。
 
 魚種やサイズだけじゃない。「どう料理したか」「どんなにうまかったのか」も自慢する―。それも釣り師のさがなのだ。(本紙・ハチ)
 
料理写真を募集
 というわけで、来年から、皆さんの「釣り師料理」を大募集します。自慢の一皿の写真をお送りください。自分が釣り、誰かに作ってもらった料理も大歓迎。料理名とレシピや調理のこつ、食べた感想を添えてください。
 
 氏名、年齢、住所、魚種とサイズ、釣った場所、連絡がつく電話番号を記入の上、魚信担当メール(sakana@kochinews.co.jp)まで。疑問点などは、電話(088・825・4045)でお問い合わせを。

関連記事

もっと見る

カテゴリー: スポーツ高知の釣りスポーツ


ページトップへ