2019.12.26 08:36

土佐れいほく博の集客20万人見込み 地域の魅力発信し閉幕

本山さくら市での「ラストれいほく博」も来場者でにぎわった(本山町本山)
本山さくら市での「ラストれいほく博」も来場者でにぎわった(本山町本山)
 高知県の嶺北4町村で7月7日から開かれていた観光キャンペーン「土佐れいほく博」が25日、閉幕した。約6カ月間、嶺北地域が連携して「伝統文化」「食」「自然体験」をPR。主要観光施設を約18万人(11月末現在)が訪れた。博覧会が地域にもたらした成果と課題を検証した。

 会期最終日の25日、長岡郡本山町の直販所「本山さくら市」では、「ラストれいほく博」と銘打って農家らがしし汁を来場者に振る舞った。会期中のレジ通過者は約7万人。責任者の川村隆重さん(58)は「ツアーバスが多く寄ってくれた。博覧会のPR効果はあった」と評価する。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会土佐れいほく博観光嶺北

ページトップへ