2020.01.01 05:00

すこやか子育て お餅食べ飽きたら 親子でアレンジ料理【動画】


 就学前のお子さんを育てる家庭を中心に、子育て世代へお届けする「すこやか子育て」。お正月の特別版では、お餅のアレンジ料理を紹介します。

 お正月と言えば餅。そのまま焼いたり、お雑煮にしたり、ぜんざいにしたり…。ただ、食べ飽きてしまうことも。そんなときは、親子でこんなアレンジはいかがでしょう。電子レンジでできる大福餅など、手軽な料理を担当記者が作ってみました。レシピの餅は1個50グラムです。ぜひ、参考にしてみてください。

◆注意!◆
 幼い子どもに餅を食べさせる時は、大人が目を離さないようにしましょう。一口大にして口に入れ、のみ込んだのを確認してください。


【もっちり大福】
【材料】(8個分)
 餅4個、牛乳…1/2カップ(100ミリリットル)、砂糖大さじ2程度、片栗粉…適量、あんこ、ミカン、文旦、ジャムなどお好みの具材
【作り方】
(1)あんこは一口大に丸めておく。
(2)餅を1~2センチ角に切る。
(3)耐熱容器に餅と牛乳、砂糖を入れて混ぜ、ラップをして電子レンジで3分程度加熱する。
(4)ゴムベラなどでよくかき混ぜ、滑らかな生地を作る。
(5)片栗粉を広げた上に生地を置き、切り分けて、あんこなどの具を包む。
【コメント】 
 「白あん+ミカン」「小豆あん+ゆずジャム」など、具をいろいろ試してみましたが、どれも美味。電子レンジの加熱時間は、家庭で調整してくださいね。 (古)




【柔らかジャガ芋餅】
【材料】
 ジャガ芋、白玉粉…適量
【作り方】
(1)ゆでてつぶしたジャガ芋と、同量の白玉粉を混ぜる。
(2)水少量を加え、耳たぶ程度の硬さになるようこねる。
(3)丸餅型にし、中央をへこませてゆでる。浮き上がってから約1分で取り出す。
(4)あんこなどを載せて、お好みの味に。
【コメント】 
 餅を使わない番外編。かみ切りやすく、ゆでたてが食べ頃。冷えたらチーズと一緒に焼き直すと、おいしいよ。 (しまこ)



【ハチミツチーズトースト風】
【材料】
 餅、ハチミツ、とろけるチーズ、コーン、チリメンジャコ…適量
【作り方】
(1)餅を数ミリ程度の厚さに切り、フライパンで焼く。
(2)餅が膨らんできたらチーズなどの具を載せ、ふたをしたフライパンまたはオーブンで焼く。
(3)チーズがとけたら、ハチミツをかけて完成。
【コメント】
 ハチミツとチーズ、餅の絶妙な相性。ピザソースやみそマヨネーズを塗り、野菜やウインナーを載せるのもお薦めです。(サバ缶)

【お好み焼き風】
 【材料】(1枚分)
 餅1個、キャベツ…適量、小麦粉…40グラム、顆粒(かりゅう)和風だし…適量、水…20ミリリットル、油…適量
 【作り方】
 (1)小麦粉、水、顆粒だしをボウルに入れてかき混ぜる。千切りにしたキャベツと1センチ角に切った餅を加えて生地を作る。
 (2)熱したフライパンに油をひき、生地を流し込む。焼き色がついたらひっくり返し、ふたをする。
 (3)中まで火が通ったら完成。ソース、マヨネーズ、青のりなどはお好みで。
 【コメント】
 卵なしでも餅のおかげで生地がまとまりました。ボリューム満点!  (ピノコ)



【あられ】
 【材料】
 餅、油、塩、青のり、キャラメル、砂糖、しょうゆなど…適量
 【作り方】
 (1)餅を1センチ角に切り、耐熱皿などに間隔を開けて並べる。
 (2)電子レンジで加熱。表面にひび割れができたらOK。
 (3)フライパンに油をひき、きつね色になるまで揚げ焼きする。
 (4)塩や青のりで味付け。砂糖じょうゆ、キャラメルなどをフライパンで加熱し、あられに絡めるのもお薦め。
 【コメント】
 できたてが最高!レンジでよく乾燥させると、きれいに仕上がります。
  (しまこ)


【モッフル】
 餅をワッフルメーカーで焼いた「モッフル」。いつものあんこ餅がぱりっとした食感になって、別のスイーツのよう。変幻自在な餅、恐ろしい子…! (古)

関連記事

もっと見る

カテゴリー: 子育てすこやか子育て社会社会


ページトップへ